ビデオ編集 動画を明るくする Movie Studio

動画を明るくする Movie Studio 編

撮影した動画が思ったていたよりも暗く映ってしまうことは時々あると思います。

Movie Studioを使って補正する方法を2つ紹介します。

まず明るくしたい動画をソフトに読み込んでおきます。メディアファイルの追加をクリックして動画を取り込みます。

取り込んだ動画をタイムラインにドラッグ&ドロップして配置します。

 

次にビデオ FX タブを選択して、明るさとコントラストをタイムライン上の明るくしたい動画にドラッグします。

 

すると明るさとコントラストのウィンドウが表示されます。明るさのスライダーを右にドラッグして明るさを調整します。

明るい部分、暗い部分、中間調とも均一に明るくなるので、素材によってはこのように全体的に白っぽくなってしまうことがあります。

そんな時には、コントラスト、コントラストの中心を調整してバランスを整えます。

カーブを使った明るさ補正

もうひとつの明るさ補正を紹介します。写真編集ソフトで写真を明るくするのに明るさ・コントラストを使うより、カーブレベル補正を使ったほうが良いと言われています。そのほうが情報の欠落を少なくしてより自然な補正ができるからです。

動画でも同じことが言えます。これから紹介するカラー曲線は、写真編集ソフトでいうカーブを使った補正です。

すでに明るさとコントラストで補正してしていたら、補正した動画の fx のアイコンを右クリックしてすべて削除を選択し、補正を解除してください。

最初からはじめるには、先ほどと同じ方法で動画を取り込み、タイムラインにドラッグしておきます。

ビデオ fx を選んで、カラー曲線をタイムラインの明るくしたい動画にドラッグします。

カラー曲線のウィンドウが表示されます。

線を上向きに持ち上げると明るくなります。まず上にあるコントロールポイントをつかんで、左上にドラッグしていきます。

すると動画が明るくなります。明るさとコントラストで明るさを調整した時よりも自然に明るくなっていると思います。

 

次に下のスライダーを右方向にドラッグして暗い部分の明るさがちょうど良く見えるように調整します。

2つのコントロールポイントを動かしながら動画が自然に明るくなるよう調整します。

 

ぼくのおすすめはカラー曲線を使った明るさ補正です。ぜひ試してみてください。分かりにくいと思ったら、明るさとコントラストを使っても、もちろんOKです。自分に合った方法で動画を明るくしてみましょう。

おすすめの記事