ビデオ編集 動画を明るくする VideoStudio

動画を明るくする VideoStudio 編

撮影した動画が思ったていたよりも暗く映ってしまうことは時々あると思います。

VideoStudioを使って補正する方法を紹介します。

まず明るくしたい動画をソフトに読み込んでおきます。編集タブの

メディアファイルを取り込みをクリックして動画を取り込みます。

 

取り込んだ動画をタイムラインにドラッグ&ドロップして配置します。

 

次にタイムライン上の明るくしたい動画をダブルクリックします。

 

画面右上に現れるウィンドウの補正タブをクリックします。

 

明度、ガンマ の調整

明度のスライダーを右に動かすと明るくなりますが、サンプルで使っているような明るい部分と暗い部分がの差が大きいときには全体的に白っぽくなってしまいます。

 

こういう時にはガンマのスライダーを使います。ガンマを使った補正は、明るい部分、暗い部分よりも中間部分を中心に明るさを調整するので、より自然に全体を明るくすることができます。

 

 

素材によってはトーンの自動調整をクリックすることで、明るさをうまく補正できるケースもあります。

 

素材によって補正する方法も変わります。

VideoStudioの明るさ補正は

1.トーンの自動調整

2.明度

3.ガンマ

の順番で試してみるのが良いでしょう。うまくいかない場合はスライダーをダブルクリックして値をリセットしてから次にすすんでください。

 

以上、VideoStudioを使った明るさ補正の方法でした。

おすすめの記事